ニュースレター おもてなしの悪戦苦闘!  ~旅の思い出研究会~

Vol.7 2011年10月号

ハイライト

・今年こそは

・通好みの食べ方とは

・家族そろって祝福のひと時

編集人 『旅の思い出研究会』事務局 多々見美保 発行所
発行所 〒922-0257
石川県加賀市山代温泉桔梗丘3-41
山代温泉旅館多々見
電話 0761-77-3122 FAX 0761-77-1737
ホームページ http://www.saika-tatami.co.jp
Eメール info@saika-tatami.co.jp

ニュースレターVol.7 2011年10月号

今年こそは

今年は、暑くなったり寒くなったりと天候が不安定だったので
すが、少しづつ紅葉を楽しむ季節が近づいてきましたね。
この季節になると、お客さまからも、「紅葉が楽しめるのはいつ頃ですか?」という問い合わせが増えてきます。

 

 

山代温泉の近くには、紅葉の美しい那谷寺(なたでら)もあるのですが、私は近くに住んでいながら、いつもタイミングを逃してしまうので、今年はぜひ、紅葉の美しい光景を目で楽しみ、心で感じてみたいなと思っています。

 

 

熱くなってしまう理由・・・

 

私は食べることが大好きです。特に、この季節になると、食欲が一層増してきて、次々と食べたい料理が頭に浮かんでくるので、困ります(笑)
先日も、料理長と新しいメニューを考案するために、打ち合わせしたのですが、お互いにお客様においしい料理を食べていただきたいという気持ちが強く、ついついヒートアップしてしまいました。その位、毎回、献立を考える際には力が入ります。

 

 

そして、すばらしい献立のアイディアがたくさん出ました。
現在、何度も試食を重ねている最中で、ようやくメニューが決まりそうです! たとえば、石川産極上豚バラ肉と冬大根のとろとろ鍋。試食した料理の中でもお気に入りの一品です。

 

 

自然が豊かな石川県・かほく地方で育ったポークは、肉質が柔らかく、甘みがあります。脂身さえも香ばしい風味を感じる、とてもおいしい豚肉です。

 

お箸を入れると、ホロっとほぐれる程やわらかくなるまで、じっくりと煮込んだ石川産極上豚バラ肉は、脂身と赤身の層がバランスがほどよく、口に入れるとジュワ~っと肉汁が広がります。さらに、豚肉の旨みがギュっとしみ込んだ冬大根は、べっこう色になるまで何時間もコトコトと炊きます。

 

思わず白いご飯をおかわりしたくなるのですが、ビールや焼酎ともよく合います。豚肉と大根。とてもシンプルな組合わせですが、料理人の手間をかけた分、家庭料理とは一味違う一品に仕上がりそうです。

お料理イメージ

2011忘年会料理2

通好みの食べ方とは

私は、魚好きです。特に、石川県に住むようになってからは、さらに大好きになりました。日本海にほど近く、加賀市内には、漁港もあるのですから、鮮度の良さは折り紙つきですよね。
石川県に長く住むと当たり前に感じるかもしれませんが、魚の種類も本当に豊富ですから、口の肥えた方も多いです。

 

 

今回、そんな魚通の方々にも喜んでいただけるような一品をどうしても加えたくて、料理長にリクエストしたのが、アツアツ鰤(ぶり)カマの塩焼き

 

 

エラの後ろ側にあるカマは、脂身も多く、とろけるようにおいしいのですが、腹身のそばにあるので、身も引き締まっているのが特徴です。あまり知られていませんが、女性にとってうれしいコラーゲンも多く含まれています。
特に、5~6キロの大きい鰤を厳選していますので、塩をパッと振り、身をキュッと引き締めて、魚のもつ旨みを引き立てるだけで最高においしい。

 

魚好きな人の食べ方は、食べ終えたお皿を見ればすぐにわかります。骨にそった部分の身が特においしいのを知っているため、見事にキレイに食べ尽くすのです。
私もさっそく、焼きたての鰤カマにレモンをしぼって、試食してみました。これは、日本酒によく合います!

 

 

「あれこれ小細工しなくても、塩ふって焼いたのが一番うまいんや」

とは、地元の漁師さんの言葉。

 

 

シンプルな調理方法だからこそ、魚の目利きと、塩加減、そして焼き加減が大事です。強火の遠火でじっくりとムラなく焼き上げた鰤カマは、皮はパリッとしていて、身はふっくらとジューシー。実はとても贅沢な味わい方なんだなぁ・・・と改めて感じながら、日本酒がさらにすすんでしまいました(笑)

鰤かま

家族そろって祝福のひと時

米寿の記念に、ご利用いただきました。
特別にご注文いただいた“鯛の塩釜焼き”を木づちを叩く瞬間をパチリ♪皆さま素敵な笑顔ですね。

上記プランのご相談はぜひ私(多々見)に。
 朝8時~夜9時まで
0761-77-3122

プラン一覧へ