ニュースレター おもてなしの悪戦苦闘!  ~旅の思い出研究会~

Vol.3 2011年6月号

ハイライト

・初めての旅先での食事なら・・・

・郷に入れば・・・

・親子で足湯♪温泉で楽しいひと時

編集人 『旅の思い出研究会』事務局 多々見美保 発行所
発行所 〒922-0257
石川県加賀市山代温泉桔梗丘3-41
山代温泉旅館多々見
電話 0761-77-3122 FAX 0761-77-1737
ホームページ http://www.saika-tatami.co.jp
Eメール info@saika-tatami.co.jp

ニュースレターVol.3 2011年6月号

初めての旅先での食事なら・・・

もし、あなたが旅行をされるなら、どうやってお店を選びますか?インターネットでグルメ情報を調べたり、ガイドブックで調べたりするのではないでしょうか?あるいは、知り合いに『どこが美味しいの?』と聞くかもしれませんね。
特に、名物と謳われている料理ほど、情報があふれかえっていて、案外自分にピッタリなお店が見つからないものですよね。

 

私の生まれ故郷北海道にも、名物がいろいろありますが、今日は、道産子(どさんこ)が大好きな“ジンギスカン”のお話をさせていただきます。
ご存知かもしれませんが、ジンギスカンとは羊の肉。モンゴルの遊牧民が食べていた野戦料理がルーツだそうで、その後、北海道に根付いた理由のひとつに、気候や風土がモンゴルに似ていたからとも言われています。

 

「 でも、クセがあるんじゃないの? 

 

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
旅行会社の北海道ツアーで『ジンギスカン食べ放題』を食べたことのある方もいらっしゃるかもしれませんが、北海道で、バーベキューといえば、牛肉ではなく“ジンギスカン”が普通なので、食習慣として馴染んでいます。一般家庭で、庭やベランダなどでジンギスカンを味わう風景も珍しくありません。

 

私が普段よく食べるジンギスカンは、主に3種あり、生後1年以上の成羊をマトン、1年未満の仔羊はラム、そして親になりたての羊一頭から3~4kgしかとれないロースがあります。
味つけの好みは、家庭によってさまざまですが、道産子の多くは、タレに漬け込まれた羊肉を好んで食べます。


 

タレ漬された、やや厚めのロースやラムは、クセも少なくやわらかいので食べやすいのです。羊の肉は、体をあたためる働きがあり、特にマトンには、ダイエットしたい女性にうれしいL-カルニチンという成分が牛肉の3倍、豚肉の9倍も多く含まれています。

 

L-カルニチンが、どうしてダイエットにいいのでしょうか?

 

それは、体脂肪を分解し、コレステロール・中性脂肪を減らしたり、高血圧や糖尿病改善に効果がある成分だからといわれています。
一方、生後一年以内のラムは、低コルステロールでビタミンBや鉄分が豊富なので、冷え性で悩んだり美肌を目指す女性の強い味方です。つまり、私にもピッタリ^^

 

ジンギスカンが大好きな私が特に気に入っているのは、北海道・長沼町にある“株式会社長沼成吉思汗”さん(長沼ジンギスカンと読む)の「タンネトウ」。
タンネトウとは、アイヌ語で長沼という意味だそうです。秘伝のタレに漬けられたロースは、肉厚でやわらかくジューシー。いくらでも食べられるくらい、しつこくなくヘルシーなのです。

 

北海道のスーパーの多くでは、ジンギスカン専用コーナーがあり、お気に入りのジンギスカンを買い求める家庭が多いのですが、私の実家の冷凍庫には、「タンネトウ」が常備されています。もし、ご興味ありましたら、ぜひ一度召し上がってみて下さいね。

タレ漬けされたジンギスカンをたっぷり野菜の上にのせてジュージュー焼くと、肉汁が野菜とからんで最高においしい。タレが焦げて香ばしい匂いが、一層食欲を増します。

郷に入れば・・・

“ジャガイモとニシンの煮物”石川県の家庭ではポピュラーな郷土料理ですよね。私がこちらに嫁いで最初に食べた郷土料理でもあります。

 

「これ食べね~」とおすそわけを頂いた時、「えっ?ジャガイモとニシンですか?」と驚く私に、「ジャガイモもニシンも北海道産やし、食べたことあるやろ~(笑)」と、当然顔の女将。

 

そりゃあ、ジャガイモもニシンも北海道産の食材としてメジャーですけど、驚いたのは、その組み合わせなのです。

 

私は、ジャガイモが大好きなので、毎年秋になると、きたあかりや男爵などの採れたてジャガイモを送ってもらい、道産子らしくバターと塩辛を添えて食べるのが好きですし、みがきニシンは、カルシウムが豊富なので、子供の頃から、よく食べていました。
しかし、ジャガイモとニシンを組合わせる食べ方は聞いたことがありません。

 

「どうしてわざわざ、生臭いニシンとジャガイモを炊くの?」

 

私の頭は「 ??? 」でいっぱい。
煮物にすることで、ニシンの生臭い香りを増幅させるような気がしてなりませんでしたが、今では逆に、その味と香りがすっかりクセになり、我が家では月に一度は食卓に並ぶようになりました。

 
生まれ故郷北海道産の素材が、海を渡り、石川独特の郷土料理に生まれ変わる。昔の人の知恵と工夫に感心させられます。そして、これからも伝統の味として母から子へと受け継がれていくのですね。

親子で足湯♪温泉で楽しいひと時

岐阜県 市川様

親子で足湯♪温泉で楽しいひと時

上記プランのご相談はぜひ私(多々見)に。
 朝8時~夜9時まで
0761-77-3122

プラン一覧へ